【道徳経済合一説】新紙幣(新しいお札) いつから変わるのか?|家具の買取は宮崎の宮崎リサイクルショップ ファニクルへ

  • トップページ
  • 【道徳経済合一説】新紙幣(新しいお札) いつから変わるのか?

【道徳経済合一説】新紙幣(新しいお札) いつから変わるのか?

2024年07月02日 16:35:00

新紙幣 いつから変わるのか?
新しいお札 いつから変わるのか?
日本銀行券 いつから変わるのか?

明日、2024年7月3日、日本のお札は新紙幣に変わります。

一万円札
生涯に約500もの企業の設立などに関わったといわれ、実業界で活躍した渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)。裏面には、「赤レンガ駅舎」として親しまれた歴史的建造物(重要文化財)の東京駅(丸の内駅舎)を描いています。

渋沢栄一の考え方の1つに「道徳経済合一説」があります。
当社の代表もその考え方を握りしめ、六年前に宮崎でファニクルを開業しました。
Instagramでも紹介しております。ぜひご覧ください。



五千円札
表面には、女子英学塾(現:津田塾大学)を創設するなど、近代的な女子高等教育に尽力した津田梅子(つだ・うめこ)。裏面には、古事記や万葉集にも登場し、古くから親しまれている花「フジ(藤)」が描かれています。


千円札
表面には、破傷風血清療法の確立、ペスト菌の発見のほか、伝染病研究所、北里研究所を創立し後進の育成にも尽力した北里柴三郎(きたさと・しばさぶろう)。裏面には、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の代表作で知名度も高く、世界の芸術家に影響を与えた「富嶽三十六景(神奈川沖浪裏)」を描いています。


一覧へ戻る

宮崎リサイクルショップ ファニクル

ページの先頭へ